奉行・クラウドカスタマイズ
  • Macintoshパソコン上でWindows環境運用

Macintoshパソコン上でWindows環境を運用することが出来ます。
両方の環境が必要な方Apple製パソコン1台で実現できます。

方法は、2通りあります。

エミュレーションアプリケーションによる仮想環境
vmware-win10
・VMWare(市販アプリケーション)
・Parallels Desktop(市販アプリケーション)

メリット
Mac環境運用しながらWindows環境運用、相互行き来できる。

デメリット
仮想環境下のためスペックの低いパソコン上では動作処理速度が遅くなる場合がある。

 

OS標準機能によるネイティブ環境
bootcamp
・Boot Camp(OS標準機能)

メリット
パソコンのスペック環境をネイティブ処理速度環境で運用できる

デメリット
起動ディスク指定で起動切替が必要(OS切替に再起動要)

ご検討中のお問い合わせ、環境構築設定ご依頼承ります。
※別途、導入Windows OSインストーラー(ライセンス)が必要になります。